病院紹介

コンセプト

暮らしへ帰ろう。

南山リハビリテーション病院は、患者様のこれからを考え、今を並び歩き、地域にすこやかな暮らしをひろげる病院をめざしています。
私たちの考える「すこやかさ」は、身体とこころ、どちらも元気であること。だから私たちは、専門の目で身体を診て、地域に住まう一人として、人の内面や背景を見る、そんなリハビリテーションを実践しています。
私たちは地域に対して、人々がのぞんだ暮らしへ帰れる安心を届けていきます。
皆さんがどんな暮らしをしてきたのか、これからどうしたいのか、これからぜひ、たくさん聞かせてください。

こころも動く、リハビリテーション。

リハビリテーションにおいてまず大切なことは、こころも元気であること。
私たちは、患者様が望んだ暮らしへ帰っていけるように、 前向きになれる道すじを考え、人生の岐路をいっしょに歩きます。
退院後も、患者様とご家族や地域、病院をつなげることで、これからの暮らしもずっと応援しつづけます。
身体だけでなく、こころも動く。そんな医療を、この地域へ提供していきます。