診療科・部門紹介

リハビリテーション科紹介

特徴

当院のコンセプトである「暮らしへ帰ろう」、「こころも動く、リハビリテーション」をもとに、患者様と共に多職種で協力出来る組織を目指していきます。

疾患、身体だけを診るのではなく、人として向き合い、患者様の人生に寄り添いながらリハビリテーションを実践することで、一人ひとりの個性を尊重した「その人らしい生活」の復帰を目指して支援していきます。

 

スタッフ間のバリアフリー化(隔たりのないリハビリ空間)

病棟を生活空間、リハビリテーション空間として捉え、ハード面から連携を意識しています。

リハビリ室を病棟に配置し、デイルーム、スタッフステーションと同一空間にすることで、病棟に居ながらでもリハビリテーションの状況を把握することが出来るため、病棟スタッフとの円滑なコミュニケーションを推進し「できるADL」を「しているADL」へ繋げていきます。

退院後の在宅訪問

患者様の退院後の生活状況をセラピストが訪問させて頂き、暮らしに戻った後の状況を確認致します。

職員教育の一環も踏まえて、在宅での生活状況を把握し、その経験を次の患者様に生かせるような組織としたいと考えています。